1. TOP
  2. ネットワーク分離環境の課題解決に役立つSmartSESAMEのソリューション

ネットワーク分離環境の課題解決に役立つSmartSESAMEのソリューション

2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策見直しのポイント」が発表されました。
政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」を受けたクラウド化、テレワーク・在宅勤務のような
柔軟な働き方に合わせ、自治体は情報セキュリティ対策の見直しを必要とされています。

このページでは新しい「三層の対策」、ネットワーク分離環境で役立つ
SmartSESAMEのソリューションをご紹介します。

現在のモデル(αモデル)

現在のモデル(αモデルでの課題)

  1. 課題1

    各セグメントごとに複合機・
    プリンターが必要になり、
    台数が増加してしまう。

  2. 課題2

    2つのセグメントで複合機・
    プリンターを共用しているため、
    放置印刷や混ざりこみが発生してしまう。
    特に窓口周辺では個人情報を記載した
    重要書類の混ざりこみが課題に。

  3. 課題3

    インターネットの接続に
    シンクライアントを活用したいが、
    仮想デスクトップ環境では印刷時に全ての
    プリンタードライバーが表示されてまい、
    使い勝手や管理が煩雑になってしまう。

SmartSESAME SecurePrint!で解決

SmartSESAME
SecurePrint!で解決

紙媒体によるセキュリティ事故を防止
より高いセキュリティ対策が必要とされる、個人番号利用事務系のネットワークでも、SecurePrint!による認証印刷の仕組みで紙媒体によるセキュリティ事故を防止。納付書などの重要書類の取り違えを防ぐことができます。
シンクライアント環境に対応した認証印刷システム
SecurePrint!はシンクライアントにも対応。シンクライアント環境で複雑になりがちなプリンタードライバーの管理もSecurePrint!ドライバーのみですむため、利便性アップと大幅な管理コスト削減に。(※構成により適用できない場合があります。)
  1. 課題4

    マイナンバー利用事務系のPC端末のセキュリティを強化したい。

SmartSESAME PCログオンで解決

SmartSESAME
PCログオンで解決

低コストで二要素認証を簡単導入
ネットワーク強靭化で導入必須の二要素認証ソリューション「PCログオン」をSecurePrint!と併せて導入すれば、PC のセキュリティも同時に高めることが可能です。

βモデル

総務省が提示する「βモデル」はこれまでLGWAN接続系にあったPC端末や一部業務システムをインターネット側に移行。
クラウド化やテレワーク・在宅勤務などの柔軟な働き方に対応可能なモデルになっています。

βモデルでの課題

βモデルの場合、テレワークに関連した対策も必要とされてきます。
テレワーク環境では紙媒体やPC端末のセキュリティ課題が発生。SmartSESAMEはセキュリティ対策や利便性アップに役立ちます。
またクラウド化の流れに対応したクラウドサービスの活用もポイントとなります。クラウドストレージとの連携で、ペーパーレスや書庫の削減、BCP対策が可能となります。

  1. 課題1

    自宅のUSBプリンターなどを使用して、
    個人情報が記載された重要書類を
    印刷することができてしまい、
    情報セキュリティリスクがある。

  2. 課題2

    別拠点へ行った際に
    プリンタードライバーを
    インストールしなければならず
    手間がかかってしまう。

  3. 課題3

    テレワーク時、
    誤って自宅から庁内複合機への
    印刷指示をかけてしまい
    庁舎内で印刷物が出力されてしまう。

SmartSESAME SecurePrint!で解決

SmartSESAME
SecurePrint!で解決

テレワーク時の印刷を制御し情報漏えいを防止
SecurePrint!エージェントを端末にインストールすればUSBプリンターからの出力を制御できます。
SecurePrint!の「どこでもプリント」で別拠点でも手間なく印刷
「どこでもプリントドライバー」を活用することにより、別拠点で印刷をする場合もいちいちドライバーをインストールする手間が不要になります。
自宅から誤って印刷してしまうリスクを排除
SecurePrint!を使用すれば、プリンター・複合機で認証をしない限り印刷されないため、テレワーク中の誤操作による出力を抑制します。
  1. 課題4

    テレワーク時の紙文書の共有や書庫の削減のため、
    電子化・ペーパーレスを進めたい。

SmartSESAME MultiScan!で解決

SmartSESAME
MultiScan!で解決

ペーパーレス・テレワークに役立つスキャンソリューション
MultiScan!はBoxなどのクラウドストレージとの連携が可能なため、スキャンしたデータを直接クラウドストレージ上 に入れることができます。紙文書のスムーズな電子化を実現し、BCP対策やテレワーク時の情報共有に役立ちます。
  1. 課題5

    テレワークの導入で外へPC端末を持ち出すようになるが、
    PC端末のセキュリティが不安。

SmartSESAME PCログオンで解決

SmartSESAME
PCログオンで解決

二要素認証でテレワーク環境のPC端末のセキュリティを強化
PCログオンは、政府のセキュリティガイドラインでも推奨されている二要素認証に対応。テレワーク時のPCセキュリティに役立ちます。
  1. 課題6

    どうしても印刷が必要な場面で自宅にプリンターがなく、
    テレワーク時に紙文書を印刷できる環境がない。

CanDayで解決

テレワーク環境での印刷に
全国約5万店舗のコンビニから、簡単に社内資料を印刷できるため、わざわざ庁舎に戻って印刷するコスト・時間を削減できます。クラウドストレージとの連携にも対応。

その他のネットワーク分離環境
役立つソリューションはこちら

ICT未来図 自治体 × 新しい生活様式 ~自治体情報セキュリティ対策の見直し「三層の対策」~

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2442

Webからのお問い合わせ

お問い
合わせ

page top