1. TOP
  2. SmartSESAMEで始める働き方改革

意外と知られていないオフィス周りの課題SmartSESAMEで始める働き方改革

近年、政府主導で推進されている「働き方改革」ですが、
柔軟な働き方の実現にはさまざまな課題に取り組む必要があります。
SmartSESAMEは、認証印刷やスキャン、PCセキュリティといったソリューションで、
企業の働き方改革を支援します。

フリーアドレス・ABW

フリーアドレスとは、社員がオフィス内にて個々の自席を持たず、自由に働く席を選択できる働き方を指します。社内をフリーアドレスにすることで、いつでもどこでも他部署の人と関わる機会が増えるため、組織の縦の壁がなくなり横に繋がりやすくなります。
ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)とは業務内容に合わせて、オフィス内外を問わず自由に働く時間や場所を選ぶ新しい働き方です。一人で集中したい作業は静かで落ち着いた部屋で行い、打ち合わせはソファのあるオープンスペースで行うなど、業務に応じた適切な環境で働くことができます。

フリーアドレスABW

実現する上で
よくある課題

自由な座席レイアウトにしたにも関わらず、印刷時にドライバーをインストールしている複合機やプリンターまでわざわざ出向かなければならず、せっかくのレイアウト変更の効果が上がりません。

フロアにある全複合機・プリンターのドライバーを登録する必要がでてしまいます。

SecurePrint!を使えば
ドライバー1つでメーカーや機種問わず、
どこでも認証印刷を実現することができます。

関連記事
次世代ワークスタイルとして注目のABWとは?– オフィス編 –
次世代ワークスタイルとして注目のABWとは?
– オフィス編 –
自由な働き方の実践例として「フリーアドレス」という概念はよく知られていますが、近年注目されているのは「ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)」というワークスタイルです。今回は2回にわた… 続きを読む

テレワーク・在宅勤務

ICTを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方ができるテレワークには、在宅勤務や場所に関わらずモバイル端末で仕事をするモバイルワークや、本社から離れたところに点在するサテライトオフィスがあります。
テレワークによる働きやすさの整備により、離職率の低下や従業員の生産性向上といった効果をもたらします。

テレワーク

実現する上で
よくある課題

テレワークを実現するには、社外に持ち出すためPCのセキュリティ対策を万全にする必要があります。
さらに、紙文書の印刷が必要になった際、「自宅にプリンターがない」「コンビニ印刷ではセキュリティ面が不安」といったさまざまな課題があります。

PCログオンは、ICカードや
指紋・静脈などの生体認証で
多要素認証の仕組みを
取り入れることができます。
PCの紛失・盗難時の情報漏えいの
リスクを解消できるため、
安心して作業を行うことが可能です。

全国約5万店舗のコンビニで、
簡単・セキュアに印刷ができるソリューション「CanDay」
「誰がいつどこで何を印刷したか」
といった証跡を確認でき、
印刷代は後払い精算のため
業務効率化につながります。

関連記事
「多要素認証」のすすめ -安全にPCにログインするための基礎知識-
「多要素認証」のすすめ -安全にPCにログインするための基礎知識-
大手企業だけではなく、中小企業や多くの官公庁、地方公共団体も被害に遭っていることから、あらゆる企業・団体で対策が不可欠。そのような中、総務省などの企業も推奨しているのが「二要素認証」などの多要素認証に… 続きを読む
関連記事
いざ、テレワーク。見えてきた課題。 -リモートワークや在宅勤務のスムーズ導入にむけた解決策とは-
いざ、テレワーク。見えてきた課題。 -リモートワークや在宅勤務のスムーズ導入にむけた解決策とは-
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、在宅勤務や時差出勤を推奨する企業が増えています。総務省も、感染防止策としてテレワークが有効であるとしています。「新型コロナウイルスの感染の拡大を防止… 続きを読む
関連記事
サクッと、コンビニで印刷しませんか? -在宅勤務・テレワーク時の「困った!」を解決-
サクッと、コンビニで印刷しませんか? -在宅勤務・テレワーク時の「困った!」を解決-
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、テレワークや在宅勤務の需要が急増しています。多くの企業が、在宅勤務やテレワークを実現するための準備を急ピッチで進めている中、在宅勤務・テレワーク中に… 続きを読む
関連記事
テレワークの普及を加速する? -印刷の課題を一挙に解決!-
テレワークの普及を加速する? -印刷の課題を一挙に解決!-
働き方改革関連法が施行されてから半年以上が過ぎようとしています。「働き方改革」という言葉は浸透してきていますが、実際にはどのくらいの企業で導入されているのでしょうか。働き方改革の実態と、浮かび上が… 続きを読む

ペーパーレス

オフィス内でもペーパーレスが推進され、紙文書を持ち運ぶのではなく、タブレットやノートパソコンといった電子媒体を持ち運ぶことが多くなっています。
ペーパーレス化で得られるメリットは、印刷コストの削減や資料の劣化をなくすほか、いつでもどこでも書類を閲覧・承認でき、資料を探しやすくできることです。また、流出リスクの高い紙媒体を減らすことで、セキュリティ対策にもなります。

ペーパーレス

実現する上で
よくある課題

スキャンデータを毎回クラウドストレージや指定したフォルダへ格納する手間が発生します。
さらに、今ある紙文書を電子化することはもちろん、これから無駄な印刷物を減らすことも、ペーパーレス化への大きな課題です。

SecurePrint!は、認証をしなければ
印刷物が出力されない
認証印刷ソリューション。
セキュリティ強化をしつつ、
ミスプリント削減でペーパーレスを
実現できます。

MultiScan!は異なるメーカー・機種でも
共通操作のため、
操作に迷うことなく
スキャンすることが可能。
さらに、
クラウドストレージ連携をすることで、
テレワーク実現に貢献します。

関連記事
ペーパーレスから始まる働き方改革、スキャンとクラウドストレージとの連携
ペーパーレスから始まる働き方改革、スキャンとクラウドストレージとの連携
企業は、長時間労働の是正や、多様で柔軟な働き方の実現に向けて、テレワークの導入や生産性向上といったさまざまな改革を迫られています。こうした中、関心が高まっているのが、業務に必要な紙の書類を電子化して… 続きを読む
関連記事
働き方改革のカギを握る!?クラウドストレージ活用と紙文書の電子データ化のススメ
働き方改革のカギを握る!?クラウドストレージ活用と紙文書の電子データ化のススメ
企業の人手不足が恒常化しているなかで、働き方改革を実現していくためには、業務効率化が欠かせません。そこで、今回は業務効率化の手段として効果を発揮するクラウドストレージの活用と紙文書のデータ化について… 続きを読む

業務効率化・自動化(RPA+OCR連携)

RPA※により、大量のデータ入力や単純・定型的な転記作業、データの抽出、ファイル作成、システム間のデータ受け渡し業務を代行することができます。OCR※は、画像の中にあるテキスト部分を数字や文字として読み込むことが可能になります。読み込まれたテキストは、パソコンに入力した文字と同じようにコピー&ペーストしたり、検索をかけることができます。

RPA+OCR連携をすると、紙文書の文字をOCRで読み取り文字データへ自動変換します。その文字データをRPAで自動処理することで、入力ミスや漏れといった問題が解消され、データの完全性を保つことが出来ます。

業務効率化・自動化(RPA×OCR連携)

※RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)とは
人が行っているパソコン操作などの業務プロセスを、ソフトウェアのロボットで自動化する技術のこと
※OCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)とは
画像の中から文字を見つけ出して、文字データに変換する技術のこと

実現する上で
よくある課題

単純なデータ入力作業を手入力で行うと、必要以上の時間を要します。手入力での作業には漏れや誤字脱字といった小さなミスが生じ、その小さなミスから大きな問題に発展する可能性が大いにあります。

MultiScan!は、OCR連携にも対応。
異なるメーカー・機種の複合機でも
共通操作を実現。
いつでも・どこでもスキャンできることで、
快適でスマートなワークスタイルを
実現します。

関連記事
「OCR+RPA」で年間1,825時間削減!その活用例とは?
「OCR+RPA」で年間1,825時間削減!
その活用例とは?
近年、政府主導の働き方改革の推進にあわせた業務効率化、生産労働人口の減少に伴う労働力不足などの対応策として、「RPA」に注目が集まっています。
政府が積極的に導入を奨励する… 続きを読む

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2442

Webからのお問い合わせ

お問い
合わせ

page top