ユーザー管理(iDLinker)複数システムのID情報を簡単にまとめて統合管理

複数システム間のユーザー(ID)情報を連携ソリューション iDLinker

iDLinkerなら、ユーザー(ID)管理の問題点を解決します。

イメージ

特長

その1 既存環境に合わせた柔軟な連携

Active Directory、DB、CSVファイル、いずれも連携可能です。他システムとユーザー情報を連携する場合は、対象システムで取り込み可能なCSVファイルの書式にあわせ、柔軟なCSVファイルを作成できます。

その2 スケジュール連携で、担当者の負担とミス削減

さまざまなタイミングで連携のスケジュール予約が設定できます。自動的に連携が行われるため、管理者の負担を軽減し、ミスや漏れを削減します。

その3 導入時も管理者の負荷軽減

一般にID統合システムでは専用データベースを持つため、導入作業に多くの手間を取られます。iDLinkerは、専用データベースを持たないため、導入作業にかかった負荷を軽減できます。

その4 導入後の運用もカンタン

導入時に連携システム間の情報や連携内容を設定したあとは、複雑な操作なく連携を実行可能。専門的な知識がなくても、日々の運用を行うことができます。

連携イメージ

Active Directoryに登録されているユーザー情報を連携した例

イメージ

機能一覧

機能 説明
SD ADからのインポート ADからユーザー、グループ情報を取り込みます
ADにエクスポート ×
CSV CSVからのインポート CSVからユーザー情報を取り込みます
CSVにエクスポート CSVへユーザー情報を反映します
DB DBからのインポート DBからユーザー情報を取り込みます
DBにエクスポート ×
マスタDB マスタDBからのインポート 開発中 マスタDBから情報を取り込みます
マスタDBにエクスポート 開発中 マスタDBへ情報を反映します
スケジュール実行 スケジュールしない、一定時間おき、
指定日の決まった時間、指定の連携後
タスク実行 タスク実行パターン、タスクのパラメータ指定、
実行間隔指定、タスク監視

※上記表にない機能は別途カスタマイズにより対応いたします。 (カスタムプラグイン)

動作環境

OS Windows Server 2003 SP1以上(32bit)
Windows Server 2008 SP2以上(32bit)
Windows Server 2008 R2 SP1以上
CPU 上記OS及び.NET Frameworkが正常に動作可能なCPU
メモリー 上記OS及び.NET Frameworkが正常に動作可能なメモリー
その他 Microsoft .NET Framework 2.0 が必要

【制限事項】
・対応可能なDBはMicrosoft SQL Server 2005、 Microsoft SQL Server 2008です。
・他システムへのCSV連携を自動化する場合、連携先のシステムが自動でCSVファイル形式のユーザー情報を
 取り込む機能を持っている必要があります。