オフィスには、文書・印刷に関する様々なハードウェア(機器)、ソフトウェアが混在しています。
私たちは、まず複合機、プリンターメーカーとの連携によって、認証・印刷をあらゆる機種に応じて制御可能にしました。
マルチメーカー対応の実現によって、それぞれの機種の印刷・スキャン・コピー・ファックスのログを統合ログとしてまとめることに成功しました。

今後は、認証・印刷、文書に関わるあらゆるメーカー、ベンダーの各種ハードウェア・ソフトウェアとシームレスな連携を図ってまいります。

3分で分かる SecurePrint!
選ばれる理由編

「SmartSESAME Style」は、お客様にとって“もっと使いやすく”“もっと安全に”活用できるIT環境の基盤づくりを目指し、ワークスタイル変革のインフラストラクチャーとして成長していきます。

“セキュリティ元年”と呼ばれ2000年初頭、企業や各省庁ホームページの改ざん事件、ウイルスや不正アクセスの外的脅威に加えて、内部からの情報流出が増加。その頃にセキュリティソリューションとしてSmartSESAME の提供がスタートしました。

2003 年の個人情報保護法の成立前後から、外部からの侵入やウイルス対策だけでなく、ノートPC の盗難・紛失、不正侵入などのセキュリティ対策が一躍注目を浴びるようになりました。さらに「日本版SOX 法」の登場で、誰が・いつ・どういう目的で情報にアクセスしたか、改変記録などのニーズが急増。SmartSESAMEシリーズも認証技術を応用したPC ログオンなど製品ラインアップも拡充してきました。

スマートフォンやタブレット端末の普及、震災などの影響からワークスタイル環境が大きく変化しました。オフィスや自宅の中だけでなく、外出先からも仕事ができるサービスが続々と誕生。SmartSESAME シリーズも、クラウド対応や様々なデバイス、アプリケーションとの連携を推進し、複合機・プリンターの認証印刷の共通プラットフォーム化を実現しました。

IT インフラの“オープンプラットフォーム”共通基盤化”がキーワードに。IaaS やPaaSなどクラウドサービスや仮想化技術を活用して、世界中どこからでもシステムを利用・管理できる仕組みが現実化しています。SmartSESAME も印刷からモバイルプリント、さらにドキュメント全般のフルアウトソーシング対応へとサービスを拡大するため、ビジネスパートナーとの連携を強化しています。