シングルサインオン 覚えきれないID・パスワードも、ワンストップでログオン認証

特長

アプリケーションへの認証をICカードで実現

対象のアプリケーションを起動し、ICカードをR/Wにセットすることで、ログオン画面のユーザーID/パスワード等の入力フィールドへの自動入力(サインオン)を行います。
シングルサインオンは以下のようなアプリケーションで利用できます。

・ Webアプリケーション(ブラウザは「Internet Explorer」に対応)
・ Windowsアプリケーション(多くのアプリケーションに対応)

イメージ

※アプリケーションによっては、対応できないものもあります。ご相談ください。

煩雑なユーザーID/パスワード管理を効率よくセキュアに

ユーザーは、アプリケーションごとにID/パスワードを覚える必要があるため、
誤入力やパスワード忘れが発生します。シングルサインオンを導入することにより、
カード1枚で複数アプリケーションへの認証が可能で、管理効率とセキュリティの向上が実現できます。

※PCログオンと連携を行うことで、よりセキュアな運用が実現します。

ユーザーからのパスワード流出を防止

管理者がカード情報を管理し、ユーザーにパスワードを知らせない状態で運用できます。
そのため、ユーザーからのパスワード流出を防ぐことができます。

アプリケーションへの手入力による不正ログオン防止

アプリケーションのログオン画面で、ID/パスワードなどの入力フィールドをロックことができます。
そのため、手入力による不正なログオンを防止することができます。

イメージ

Active Directoryで集中管理

Active Directoryによるシングルサインオン情報の集中管理が可能です。
管理ソフトでシングルサインオン対象となるアプリケーションを集中管理できます。

イメージ

製品構成

製品メニュー クライアント
ソフト
管理ソフト 説明
シングルサインオン
スタンドアロン版
1台からの導入が可能です。サインオンするアプリケーションの登録、サインオン情報の設定などを行います。
シングルサインオン
Active Directory版
管理パソコンにおいて、登録されたアプリケーション情報の配布や、カードごとのサインオン情報を設定します。

※カードからご導入を検討されている場合、スタンドアロン版、Active Directory版のどちらも導入が可能です。

導入までの流れ(Active Directory版の一例)

1管理者のパソコンにカードR/Wのドライバー、シングルサインオン クライアントソフト、シングルサインオン管理ソフトをインストール。
2シングルサインオン対象のアプリケーションを登録し、配布。カードごとのシングルサインオン情報をシングルサインオン 管理ソフトより登録。
3パソコンにカードR/Wのドライバーとシングルサインオン クライアントソフトをインストール。
4シングルサインオン クライアントソフトがインストールされたパソコンで、シングルサインオン対象のアプリケーションを起動し、カードをR/Wにセットすると、アプリケーションの入力フィールドに対しサインオンが行われます。

動作環境

SmartSESAMEシングルサインオン クライアントソフト 動作環境

対応OS Windows 7 Professional(Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows 7 Enterprise(Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows 7 Ultimate(Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows 8.1 Pro 32ビット、64ビット※
Windows 8.1 Enterprise 32ビット、64ビット※
Windows 10 Pro/Enterprise(Ver.1607以降)32ビット、64ビット

※ 上記に記載のないエディションはサポート対象外です。
※ 日本語版のみサポート対象です。
※ Windows 7のXPモードはサポート対象外です。
※ Windows RTはサポート対象外です。
メモリー 上記OSが正常に動作可能なメモリーが必要
補助記憶装置 ハードディスクに15MB 以上の空き容量が必要
その他 認証デバイスを接続するための空きUSBポートが必要

SmartSESAMEシングルサインオン 管理ソフト 動作環境

対応OS Windows 7 Professional (Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows 7 Enterprise (Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows 7 Ultimate (Service Pack 1 以降)32ビット、64ビット
Windows Server 2008 Standard (Service Pack 2 以降) 32ビット
Windows Server 2008 Enterprise (Service Pack 2 以降) 32ビット
Windows Server 2008 R2 Standard (Service Pack 1 以降) 64ビット
Windows Server 2008 R2 Enterprise (Service Pack 1 以降) 64ビット
Windows Server 2012 Standard 64ビット
Windows Server 2012 Datacenter 64ビット
Windows Server 2012 R2 Standard 64ビット
Windows Server 2012 R2 Datacenter 64ビット

※ 上記に記載のないエディションはサポート対象外です。
※ 日本語版のみサポート対象です。
※ Windows 7のXPモードはサポート対象外です。
メモリー 上記OSが正常に動作可能なメモリーが必要
補助記憶装置 ハードディスクに15MB以上の空き容量が必要
その他 認証デバイスを接続するための空きUSBポートが必要