ニュース

2015年 3月ニュース一覧

総務省の統一出力環境基盤の構築にSecurePrint!を採用

総務省では、「総務省情報ネットワーク最適化計画」に基づいたネットワーク化に取り組み、新しい環境や課題へ対応できる基盤づくりを推進し、安全性と信頼性の確保、経費削減や省エネルギーの実現を目指しています。情報通信技術(ICT)を活用したワークスタイルの変革が進む一方で、悪質なサイバー攻撃も増えています。電子政府サービスを進める行政機関からの情報漏えいのほか、重要インフラを狙った情報システムへの攻撃、企業からの個人情報漏えいなど多くのリスクを抱えるなか、官民問わず情報セキュリティ確保への取り組み強化が必須となっています。

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が定めた「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準群」に基づき、総務省は情報システム機器に求められる高いセキュリティ要件として、出力機器についても同様に重要な課題として位置づけ、その機密性を強化するためにICカードによる本人認証の仕組みを導入。複数メーカーの複合機やプリンターが混在した環境でも、一元的に管理、操作できる出力環境の共通基盤として、シーイーシーの「SmartSESAME SecurePrint!」が選ばれ、現在総務省全拠点で活用されています。

詳しくは導入事例へ
http://sesame.cec-ltd.co.jp/cases/12.html

【本件に関するお問い合わせ】
プラットフォームビジネスインテグレーションビジネスグループ 営業部
E-mail: sesame_info@cec-ltd.co.jp