導入事例

プリントセキュリティ 導入事例詳細導入事例一覧

ダイヤオフィスシステム株式会社 様

ダイヤオフィスシステム株式会社様

“放置・失敗・ムダな印刷を年間140万枚削減”オフィス空間とセキュリティの融合をソリューション化しダイヤオフィスシステムのビジネス拡大に貢献

ダイヤオフィスシステム株式会社(以下、ダイヤオフィスシステム)は、オフィス環境の三大要素であるオフィス空間を形作るファシリティマネジメント、ビジネス文書を効率的に処理するドキュメントソリューション、そして仕事の生産性をさらに向上させるITコンサルティングをワンストップでサポートしています。
「人」と「情報」を一元的に管理する仕組みとして、シーイーシーの認証基盤ソリューションSmartSESAME(スマートセサミ)を採用。物理的な入退出管理システムとPCログイン管理に続き、紙の情報漏えい対策として「SecurePrint !(セキュアプリント)」を導入しました。導入後、情報セキュリティマネジメントの国際規格であるISMS/ISO27001の認証取得にも貢献。現在では同社独自ソリューションの一つとして多くのお客様に提案するまでに至っています。

導入ポイント/導入効果

導入の背景

進化するITとワークスタイルの変革。時代の先を読みソリューションを強化

創業から40年を経た現在、ダイヤオフィスシステムの事業領域は多岐にわたっている。人々の暮らしやライフスタイルを支える総合スーパーが存在するように、ダイヤオフィスシステムのブランドは企業活動やワークスタイルのあらゆるシーンで活躍している。
SecurePrint!導入の背景について、同社第一営業本部 ICT開発営業部長の門脇徹氏は2005年当時の状況を振り返る。
「ITの急速な普及に伴い、お客様のニーズも高度・多様化してきました。法人向けのセキュリティサービスも続々と誕生したのもこの頃で、当社もその動きをとらえいち早く情報収集を進めてきました」 お客様のビジネスニーズに応えるため同社は、従来のオフィス空間にとどまらず、ファシリティマネジメントとITの技術を融合したソリューションラインアップを拡充する動きを加速していった。

「人」「モノ」「情報」すべてのセキュリティを強化し、ISO27001取得時にも貢献
一方で、社内の情報セキュリティインフラにも目を向け、総合的なセキュリティ対策も着手する。ちょうど同社が取り組んでいたのが情報セキュリティ管理体制の強化だった。オフィス空間からICTのトータル提案にビジネスを拡大させていた同社にとって、お客様の機密情報・個人情報など重要なデータを取り扱う機会も増加。そこで組織的・計画的な情報管理体制の構築を目指し、2006年ごろから情報セキュリティマネジメントの国際規格であるISMS/ISO27001の認証取得を目標に据える。
「お客様にセキュリティソリューションを提案する以上、私たち自身がまず利用して、堅牢性や利便性、コストなど様々な観点から証明できることが大切です。先行して入退出管理やPCのログイン管理に着手していました。そこに、認証印刷という仕組みが加わることによって、“人”と“モノ(物理的)”“情報”にまつわるセキュリティ対策をトータルで実現できると考えました」(門脇氏)。

導入理由と導入効果

ダイヤオフィスシステムのビジネスとマッチしたマルチメーカー対応の魅力

事例インタビューにご協力いただいた菅野氏(左)、小澤氏(右)
【写真】本社オフィス内のデザインスペース収納やインテリアにもこだわり、壁や床の色を変えて清潔感のあるオフィス空間にして働きやすい環境を演出している。

ダイヤオフィスシステムの印刷出力環境の特長は、様々なメーカーの機種が混在するマルチメーカー環境を採用していることだ。背景には同社がファシリティマネジメントとIT技術を融合し、メーカーをまたいだビジネスを展開していることも大きい。例えば、お客様に提案するドキュメントソリューションでは、コニカミノルタ、キヤノン、富士ゼロックス、リコーなど各社複合機を取り扱い、オフィスレイアウトに合わせた機器の最適配置、保守サポートなどニーズに合わせて対応している。
そこで、ICカードに対応した認証印刷製品を比較検討するなかで、機能や価格面、利便性に加えて、マルチメーカー対応の観点も重要視していた。メーカーやベンダーの製品デモなど検証を重ね、異なるメーカーの機器でも認証・印刷ができるシーイーシーのSecurePrint!は魅力的だったと門脇氏は打ち明ける。

導入後すぐに効果を実証。紙の購入枚数が年間20万枚削減
「これまで入退出や出退勤管理、食堂決済、PCのセキュリティ対策はそれぞれバラバラのカードで管理していました。複合機の認証印刷をきっかけに1枚の社員証カードで統合管理する構想を実現できました。また、ICカードの情報をActive Directoryと連携してユーザー認証に必要な属性情報を管理することで、運用管理面での煩雑さも解消されました」(門脇氏)。
同社では、Active Directoryとの連携によってサーバー側で管理するユーザー情報を複合機利用時のユーザー認証に活用することで、従業員の異動や変更の度に発生していた総務部、情報システム部など複数部署の負担軽減にもつながっている。
TCO削減の観点でも効果が高いという。ISO27001の認証取得に先立ち、同社では環境マネジメントシステムのISO14001も認証取得していた。このため、「導入してから翌年までの1年間で約20万枚の用紙購入量が減少しました。紙の出力枚数を抑えるSecurePrint!の導入は、環境推進という観点からも貢献しています」(門脇氏)。

今後の展望

場所や時間にとらわれない働き方へ。ビッグデータ活用やBPOへビジネス拡大

【写真】休憩用にも利用できるミーティングスペース休憩しながら自由度の高いフレキシブルなアイデアが生まれるワーキングスペースを創りだしています。
【写真】休憩用にも利用できるミーティングスペース休憩しながら自由度の高いフレキシブルなアイデアが生まれるワーキングスペースを創りだしています。

SecurePrint!を導入し、誰が・いつ・何を・何枚出力したのかを見える化し、出力枚数の削減やTCO削減、さらには環境対策にもつなげてきたダイヤオフィスシステム。現在、自社の導入効果を踏まえ、お客様への提案に活かしているという。
「創業以来の強みであるオフィスデザインに加え、セキュリティやICTソリューションの融合によって、お客様オフィス全体の効果的な出力環境管理とコスト削減を実現するソリューション基盤ができた段階です」(門脇氏)。
今後は、培ってきたノウハウを活かし、働く場所や時間にとわられないワークスタイル変革につながるソリューションも見込んでいる。すでに稼働するPCや複合機、ネットワーク経由で集約化しデータや情報の利活用などビッグデータやBPO(Business Process Outsourcing)などをキーワードに、ダイヤオフィスシステムのさらなる活躍が期待されている。

お客様プロフィール

ロゴ

ダイヤオフィスシステム株式会社は、複写機の販売と保守を目的として発足以来、時代の変化と顧客の要望に先駆ける形で事業を拡大、オフィス仲介からデザイン、ICT 環境の構築・導入までをワンストップで担い、2012 年に「タワーレコード平和島オフィス」でグッドデザイン賞を受賞しました。

本 社 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル9F
代表者 代表取締役社長 臼倉 正美
設 立 1974年(昭和49年)9月28日
資本金 1億円
主事業 オフィス環境の三大要素、ファシリティマネジメント、
ドキュメントソリューション、ITコンサルティングをワンストップでサポート
URL http://www.doscorp.co.jp/

ダイヤオフィスシステム様の施工実績例
■写真上段:東映アニメーション株式会社様(左)、タワーレコード株式会社様(右)
■写真下段:学校法人 昭和女子大学様(左)、高砂熱学工業株式会社様(右)